地盤調査

スウェーデン式サウンディング試験

スウェーデン式サウンディング試験とは?

建物などが建設される原位置において、土の貫入抵抗を測定し、地盤の硬軟や、締まり具合、土層構成を判定する目的で行われる地盤調査方法のひとつです。
他の地盤調査方法と比較して、経済性や作業性に優れ、深度方向に連続したデータ測定が可能で地盤性状の細かい変化がわかる等の特徴から、現在は戸建住宅などの小規模建築物において代表的な地盤調査方法となっています。

<試験方法>
① 金属製の連結ロッドの先端につけたスクリューポイント(ドリル形状の部品)を調査ポイントの地面に突き立て、そこに、おもりを段階的(0.05KN、0.15KN、0.25KN、0.50KN、0.75KN、1.00KN)に載荷していき、それぞれの載荷段階での貫入量(cm)を測定します。
② 1.00KNのおもりを載荷しても貫入しない場合は、ロッドに回転を加えていき、25cm貫入するのに要する回転数(半回転数)を測定します。
①②の工程を繰り返し(軟らかい地層では深度10m程度まで可能)行うことで、 それぞれの深度(25cm刻み)ごとに
  • ■ どの位の重さで貫入したのか?
    → Wsw

  • ■ どの位、回転させたのか?
    → Nsw

というデータを得るのが、この試験の目的です。
この2つのデータ(Wsw、Nsw)から、N値や長期許容支持力度などの地盤定数を推定することが出来ます。
スウェーデン式サウンディング試験の様子

スウェーデン式サウンディング試験の様子

スウェーデン式サウンディング試験調査指針

こちらをご参照ください。

使用機材

日東精工ジオカルテIII

日東精工ジオカルテIII

水位計

水位計

スウェーデン式サウンディング試験 地盤調査報告書サンプル

出典:応用地質株式会社 社会システム事業部 ジオクラウド部

地盤保証

その他の調査

その他調査もお気軽にご相談ください。