ブログ

「地震からわが子を守る 防災の本 」  国崎信江 著

 

東日本大震災から今月で8年。

震災関連の報道を目にする機会も多く、日頃からの防災対策について、

もっと意識を高めていかなければとの思いになります。

 

今月、ご紹介させて頂く本は、2児の母が書いた震災対策の本です。

 

「安全な家具の配置方法」「子どもの防災意識を高める方法」といった事前の備えに加え、

被災時に妊婦さんや幼い子どもを抱えたお母さんが取るべき行動等、

母親の目線で大地震から家族を守る方法が綴られています。

 

その中の「自宅を安全にする方法」の一つとして、

著者は「地盤」についても触れており、

自宅が建つ場所の地盤を知ることは防災上とても重要な事だとして、

地盤情報の調べ方などを紹介しています。

 

私たちが携わる地盤調査という仕事の本質は、調査データや周辺情報を通じて、

建築予定地の地盤の現状を明らかにすることです。

 

その地盤情報をもとに、建築物の設計を行う設計者様に分かりやすくお伝えすることが、

お施主様や、そのご家族が安全に暮していただく為に重要な事であると、

この本を読んで再認識致しました。

 

 

 

カテゴリー|STAFF BLOG, 今月の1冊, 防災