ブログ

新築工事を計画されている建築業者様から、

「地盤改良工事の有無や、工事が必要な場合の概算金額を早く知りたい」

との理由で、盛土施工前や、既存建物の解体前に地盤調査のご相談を頂くケースがございます。

そうした際に、私どもが説明させて頂くのは

 

「 表層部の地盤状況は、建物の安定性を検討する上で大変重要 」ということです。

 

盛土前の場合、当然の事ではありますが、盛土した部分のデータ自体が存在しません。

また、解体作業では、基礎や浄化槽などを撤去する際に、どうしても表層付近の地盤に乱れが生じてしまいます。

もし、解体前に地盤調査を行った場合、その調査データからは新規建物の地盤性状を正確に判断することは難しくなります。

 

さらに、一般住宅では、地盤保証をご利用になる場合が多いと思いますが、

事前に調査した測定位置が、最終的な建物配置の四隅から外れ、保証審査の規定外であったりする場合は、

解体後、再び地盤調査を行う必要が生じる可能性があり、経済的な面で無駄が出てしまいます。

 

建築予定地にて、以下の作業を予定されている場合、地盤調査前に、一度ご相談下さい。

■ 建築予定地内で盛土など、造成を行う場合
■ 既存建物の解体が伴う場合
■ 地中内障害物( 杭・コンクリートガラなど )を取り除く場合

予定地周辺の既存地盤データなどを参考にしながら、
改良工事が必要となる可能性の大小や、経済的にムダのない調査のタイミングを提案させて頂きます。

カテゴリー|地盤調査の勘所

日頃より、地盤調査業務をご依頼頂きありがとうございます。

2021年17日に発令されました緊急事態宣言に伴い、私どもは下記の内容を対応してまいります。

通常、調査日翌日には調査結果を通知させて頂いておりますが、

下記期間中は、お時間を頂く可能性もございます。お客様にはご不便をお掛けいたしますが、

何卒ご理解いただきたくお願い申し上げます。

■ 実施期間と内容 ■

■ 2021年18日 () ~ 社会情勢を鑑み対応してまいります。

■ 営業時間 9時~17時 ( スタッフ1名が事務所におります。 )

 ※外出中の留守番電話設定の場合は、お手数ですが

 電話番号とお名前をご伝言頂けますよう、宜しくお願い致します。

 

■ 書類等は、すべて郵送に切り替えさせて頂きます。

 

期間中は、業務内容に応じ、可能な限り現場対応をさせて頂きます。

先ずは、皆様がお元気でいて下さること、1日も早く感染拡大が収まり、笑顔でお会い出来る日が来る事を願っております。

 

株式会社ブラウンワーク

代表取締役 大泉研 

取締役   大泉三保

カテゴリー|NEWS